WHO「集団免疫は全然ダメ!ワクチンを接種せよ!」SNS「中華ワクチン使えと?」

2020年10月14日
話題 / ニュース 0

sara-bakhshi-MfnX4XtGnvU-unsplash.jpg

初期のコロナ対策の様々なミスリードの失態で世界に感染拡大を招いたWHO、そのWHOのテドロス事務局長は12日、集団免疫に対して否定的な見解を唱え、「集団免疫は感染放置であり倫理的、科学的にも問題がある」という持論を展開した。

WHOは、米国からも名指しで「WHOの発言は中国寄りだ」と指摘されるなど、各方面からの批判の声も多い。テドロス氏はハシカを例に出し「ワクチン接種が人口の95%に達すれば残り5%も保護される」と独自の意見を述べた。

WHO不要論も叫ばれる昨今、中国びいきというイメージが既に広く世間に定着しているためか、SNSでは「信用できない」「胡散臭い」「中国の製薬会社とつながってないよね?」など疑惑の声が噴出している。






SNSでは、WHOが「ボロクソ」状態

















WHO・中国関連記事


【世論】日本人過半数「国連に好感なし」「WHOコロナ対策悪い」14ヵ国調査中評価最低レベル

先進14カ国で国連の実績について世論調査が実施された。日本は、国連への好感度は14カ国の中で最も低い結果に終わった。武漢から始まったコロナ禍だが、WHOの度重なるミスリードにより世界中にコロナが拡散されてしまった事実は記憶に新しい。...

WHO事務局長「コロナ2年以内で収束可能!」SNS「あっ、北京オリンピック・・・」

WHO世界保健機関事務局長のテドロス氏は、21日の記者会見で新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)に関して、1918年に流行が2年程続いたのスペイン風邪と比べ短い「2年以内」で収束させることが可能という見通しを明らかにした。...

フィリピン人ブチギレ!「中国マニラ省」表記!中国製品に 国家捜査局が動く事態に

フィリピンのマニラ市長がマジでブチギレている。理由は首都マニラで販売していた中国製美容商品の箱に「中国マニラ省」と印字されていたからだ。同市長は「中華街は中国ではなく、将来も中国になることは絶対ありえない」と反発...

やっぱりか中国『コロナワクチンに重症化リスク』中国メディア報道も急いで記事削除

先日、中国で新型コロナウイルスのワクチン投与が始まったことをお伝えしたが、SNSを始め多くの人が懸念していたとおり深刻な事態が起こってしまったようだ。...

だいじょぶか?中国『コロナワクチン』完成?投与開始!価格は? SNSに不安の声

中国政府は、7月22日からCOVID19のワクチンを医療、検疫、都市の担当者を対象に緊急投与を始めた事が明らかになった。実際に投与実績をつくることで、安全性アピールの目的もあると思われる。...

本当か 小泉今日子氏、ついに『共産党から出馬準備』報道の真相

8月31日、ツイッターでnippon-reguration氏のツイートから拡散された「小泉今日子、共産党から出馬準備」ソースとしてアサヒ芸能の広告画像が、添付されていました。...



中国終了?過去のHuaweiスマホもAndroid更新『不可能』に?米で、すでにライセンス切れ 半導体輸出規制でトドメか どうなる?

HuaweiのTGL(一時的一般許可証)が13日に期限が切れ、今後は過去のファーウェイスマホもアップデートできなくなる可能性がでてきた。ファーウェイ過去スマホでAndroidアップデート「だめ」になるっぽいね...

マイクロソフトTikTok買収交渉を保留!でもLin○とかZ○○mとかもあやしくね

この時期に、何を考えているのかマイクロソフトがTikTokの買収に名乗りを上げた。アメリカ、中国が対決ムードの中、保留となった。おおかたトランプ大統領側からの働きかけ...

異様に増える中国の日本人求人「今誰があえて中国に行くのか」

ネットの海外人材紹介に登録している。コロナ後に目立つ動きがあるそれはやたらと中国の求人をごり押ししてくることだ。システムとして、人材紹介または企業が直接オファーを送ることができるのだがやたらと中国企業のオファーが来て迷惑している。なぜならば...



関連記事


Cニート
記者: Cニート
就職氷河期に超絶ブラック企業に入社。
約6年地獄を味わった後、日本に見切りをつけ海外移住。

馬鹿なのに猛勉強し世界の秀才セレブと一緒に英語でMBAを取得。

勢い余って海外で不動産を2軒購入し運用を始める。
そして海外の日系最王手ホワイト企業に1発入社。
約9年働きクビに!
タイミング良くコロナで日本に封じ込められる。

タイを中心に10年以上の海外生活経験をもつ現ニート。
その知識、経験を活かし、独自の視点で情報を発信する。
 ピックアップ記事 

偶然発見?BKKでウザい「小バエ」を、完全駆除した秘密の方法

東南アジアで暮らすということは日々虫との戦いは避けては通れない宿命だ。蚊、ゴキブリ、アリ、ハエ、謎のミノムシ、ノミ、ダニ  部屋にも油断していると大量に発生することもある。彼らは、高層階に住んでいてもエレベーターに乗ってやってくるのだ。そして、私は日々虫と戦っている。半分趣味だw 今回私は見事に小バエの脅威からの完全解放を達成したので、その秘密の方法をブログ読者だけに話そうと思う。小バエ・・マジ...


[[最新]] コロナ第2波に備えろ!非接触・飛沫防御・消毒グッズまとめ 23選

日本では、だいぶ収束ムードが漂っている。しかし、その間にも世界では収束どころか感染拡大が続き北京では第2波が始まっているようだ。世界のいくつかの研究では、メジャーな感染ルートは接触感染が多いという結果が出ている。マスクで飛沫の拡散を防止することで感染拡大を防ぐ効果はあるが、特に手による接触感染感染に注意を払うべきだ。なぜならば手にコロナが付けば、目や鼻をかいたりすれば粘膜からウイルスが感染する恐れ...

訪タイする初心者日本人が高確率でもってる定番便利アイテムとは

タイに来て困るのはどういうときでしょう。やっぱり言葉が通じないというのは、かなり困ります。それなりのホテルなどではそれなりに英語も通じる物のローカルエリアなどに行くと全く通じないときもある。英語が出来れば簡単な言葉なら通じる場合もあるがあまり期待しない方がいい。タイは東南アジアではそんなに英語がうまいほうではない。日本人が高確率でもっているアイテムぶっちゃけ、日本人の間ですでにかなりの定番になった...


 読まれている記事ランク 


コメント0件

コメントはまだありません