全然効かない?「コバエホイホイ」致命的か 2つの弱点 2020最新コバエ全滅方法

2020年08月05日
虫や獣との戦い 0

flavio-conca-IcOz5cCQooI-unsplash.jpg

今年もやってきましたコバエの夏。ゴミや台所、風呂場所構わず発生しまとわりつきメチャクチャうざい。私も虫の王国、東南アジアのタイで10年以上コバエと格闘を続けてきた。

タイは家の中に様々な虫が大量発生することは日常茶飯事なので、それと戦い続けて鍛えられあげた私のノウハウは日本でも十分通用するものと思う。

そして、現在はコバエのいない快適生活を我が物にした。因みに初心者が最初に使うであろう「コバエホイホイ」実はこれ重大な弱点がある。



「コバエホイホイ」がまったく効かない?致命的か 2つの弱点



「コバエホイホイ」は結論から言うと条件付きだが、効果は確かにある。が、決定的な弱点は、効かないコバエの種類がいることだ。

この弱点については販売元のアース製薬も公式HPについて明確に言及している。
参照:アース製薬 www.earth.jp/gaichu/exterminate/kobae/method_001.html

「コバエホイホイ」が効かないコバエ

  • キノコバエ
  • チョウバエ

つまり発生しているコバエが上記に該当している場合「コバエホイホイ」は全く効果がない。

そして、第2の弱点として捕虫効果がたった約1ヵ月間なので、取り替えが煩わしいうえ続けて使っていくとランニングコストを考えると結局コスパが悪くなる。

POINT

「コバエホイホイ」の2の弱点

  • 効かない種類のコバエがいる
  • 1ヶ月しかもたないのでコスパがよくない


「コバエホイホイ」が逆にコバエを呼んでいる疑惑


decoration-3297060_1280.jpg

実際のところ「コバエホイホイ」自体がコバエを引き寄せる臭いを発している訳なので、少なからず「コバエホイホイ」自体がコバエを呼んでいる可能性は完全には否定できないだろう。

臭いの発生しない駆除方法の方が、特に臭いに敏感なコバエ駆除方法としてはベストではないかと思う。
そして、この2つの弱点と臭いを出さない手間なしの駆除方法が、2020年現在では手軽に個人レベルで実施できるようになった。


2020年、業務用から個人へ最新「電撃コバエ駆除」事情



過去業務用しか目にしなかった電撃殺虫機は、現在では家庭でも気軽に使えるように改良小型化が進んだ。光で虫を集め電撃で殺虫する訳なので「コバエホイホイ」で対応が不可能なキノコバエ、チョウバエにも対応できるだろう。

それだけではない「コバエホイホイ」で対応できない蚊、蛾など様々な虫を殺虫できてしまうのだ。また「コバエホイホイ」のように1ヶ月で効果が切れてしまうこともない、電気さえあれば半永久的に使えてしまうのだ。

電気代を考えても電撃殺虫機1台50Wとして、1kWhあたり電気料金を24円で計算すると。1時間で電気代は 0.05kW × 1h × 24円/kWh = 1.2円だ。
つまり電気代は1時間で1円ちょい!

POINT

電撃殺虫機のメリット

  • 「コバエ」だけでなく様々な虫を殺虫できる
  • 電気さえ有れば半永久的に殺虫できる
  • 電気代も1時間1円弱程度で経済的



コバエ全滅一網打尽に効果絶大のおすすめ電撃殺虫機 2機種



結局私の東南アジアでのコバエとの10年間以上の戦いで分かったことは。電撃殺虫機が一番手間なしでスマートにコバエを一網打尽に全滅できるという結論だ。


AUGYMER 電撃殺虫器 捕虫器 コバエ取り機 電気蚊取り器 6W



店舗や家庭での吊り下げ使用に適した機種。6Wの大容量、補虫蛍光管を内蔵で360°全方位にからの殺虫が可能。内部は静電ネット式設計なので、確実に殺虫します。静音なので昼夜を問わず使用しても気になりません。一晩中、つけっぱなしでも電気代1-2円のコスパ省電力。


FOCHEA 電撃コバエ取り蚊取り器 電撃殺虫器 UVライト【2020最新型】 



スマートなスタイルの置き型。こちらの機種も360°に対して捕虫効果が有効だ。もちろん薬剤や化学物質なども使わないので喉を痛めることもなく快適なノー虫ライフを送ることができるだろう。



関連記事


Cニート
記者: Cニート
就職氷河期に超絶ブラック企業に入社。
約6年地獄を味わった後、日本に見切りをつけ海外移住。

馬鹿なのに猛勉強し世界の秀才セレブと一緒に英語でMBAを取得。

勢い余って海外で不動産を2軒購入し運用を始める。
そして海外の日系最王手ホワイト企業に1発入社。
約9年働きクビに!
タイミング良くコロナで日本に封じ込められる。

タイを中心に10年以上の海外生活経験をもつ現ニート。
その知識、経験を活かし、独自の視点で情報を発信する。
 ピックアップ記事 

偶然発見?BKKでウザい「小バエ」を、完全駆除した秘密の方法

東南アジアで暮らすということは日々虫との戦いは避けては通れない宿命だ。蚊、ゴキブリ、アリ、ハエ、謎のミノムシ、ノミ、ダニ  部屋にも油断していると大量に発生することもある。彼らは、高層階に住んでいてもエレベーターに乗ってやってくるのだ。そして、私は日々虫と戦っている。半分趣味だw 今回私は見事に小バエの脅威からの完全解放を達成したので、その秘密の方法をブログ読者だけに話そうと思う。小バエ・・マジ...


[[最新]] コロナ第2波に備えろ!非接触・飛沫防御・消毒グッズまとめ 23選

日本では、だいぶ収束ムードが漂っている。しかし、その間にも世界では収束どころか感染拡大が続き北京では第2波が始まっているようだ。世界のいくつかの研究では、メジャーな感染ルートは接触感染が多いという結果が出ている。マスクで飛沫の拡散を防止することで感染拡大を防ぐ効果はあるが、特に手による接触感染感染に注意を払うべきだ。なぜならば手にコロナが付けば、目や鼻をかいたりすれば粘膜からウイルスが感染する恐れ...

訪タイする初心者日本人が高確率でもってる定番便利アイテムとは

タイに来て困るのはどういうときでしょう。やっぱり言葉が通じないというのは、かなり困ります。それなりのホテルなどではそれなりに英語も通じる物のローカルエリアなどに行くと全く通じないときもある。英語が出来れば簡単な言葉なら通じる場合もあるがあまり期待しない方がいい。タイは東南アジアではそんなに英語がうまいほうではない。日本人が高確率でもっているアイテムぶっちゃけ、日本人の間ですでにかなりの定番になった...


 読まれている記事ランク 


コメント0件

コメントはまだありません