タイLCCノックエア経営破綻に思うこと どうなるバンコク行き航空券価格 遠い国になったタイ

2020年08月03日
話題 / ニュース 0

dominik-scythe-lUGWwDAWpEk-unsplash.jpg

タイのLCCノックエアが経営破綻ですね。コロナのお陰で航空会社の経営破綻が目立ちますね。タイ航空、スクートそしてノック。現状バンコク行きの直行便も検索してもでってこない、つまりないのだと思うが。かなり寂しい気持ちになる。



現在のタイ バンコク行きの航空券コスト、時間 



現状、横断検索してみると

東京⇒バンコクが の乗り継ぎ便のみで 最安が5万円弱 で所要時間29時間

東京⇒バンコク 次に安い乗り継ぎ便は なんと11万円から 所要時間18時間55分

もうね、どんだけ遠い国になってしまったんだと悲しくなる。

現状時間であり得ないし価格であり得ない。


エアアジアは大丈夫か



エアアジアも怪しい乗り放題を大量に売って運転資金にしているのかかなり心配になる。現在タイ在住者向けに売り出した格安乗り放題パスも炎上中だ。

なぜならば、勝手にキャンセルされて再予約もできないというという事態が多発して大騒ぎになっているようだ。

私の知人も夫婦でその乗り放題を購入していていわく「1度乗ればもとがとれる」と喜んでいるが、いささか心配になってしまう。夫婦で予約して1名だけキャンセルとかになったらかなりキツいだろう。

私のような独り身ならダメージは最小限だが。むしろロシアンルーレットのようにキャンセルされるぐらいならそんなチケットいらないわな。

しかも、乗り放題が使えない便が増えてるとか。エアアジアもエグいなあ。とはいえよくタイから周辺国に飛ぶときは使っていたので、なくなってしまうのは困る。


今後の航空チケットはどうなる


nicole-geri-gMJ3tFOLvnA-unsplash.jpg

現状から考えると値上げの方向に動くのではないかと思っている。航空業界も実際ボロボロ状態でもあるしコロナ前の価格に戻らないかもと思う。

そうなると、日本からタイ、タイから日本と価格的に気軽に移動できなくなったりすると困るなあと思っている。しかし、現状タイに行くこともままならない日本も感染者が再拡大しているところを見るとまたタイ行きは当分お預けなのかと思うとウンザリだ。

国内格安航空券の見つけ方


格安航空券(国内)の予約は、安い航空券が
すぐ見つかる「さくらトラベル」が便利です!

国内線すべての空席情報や価格を一覧で比較できます。

24時間365日いつでも予約申込OK!




関連記事


Cニート
記者: Cニート
就職氷河期に超絶ブラック企業に入社。
約6年地獄を味わった後、日本に見切りをつけ海外移住。

馬鹿なのに猛勉強し世界の秀才セレブと一緒に英語でMBAを取得。

勢い余って海外で不動産を2軒購入し運用を始める。
そして海外の日系最王手ホワイト企業に1発入社。
約9年働きクビに!
タイミング良くコロナで日本に封じ込められる。

タイを中心に10年以上の海外生活経験をもつ現ニート。
その知識、経験を活かし、独自の視点で情報を発信する。
 ピックアップ記事 

偶然発見?BKKでウザい「小バエ」を、完全駆除した秘密の方法

東南アジアで暮らすということは日々虫との戦いは避けては通れない宿命だ。蚊、ゴキブリ、アリ、ハエ、謎のミノムシ、ノミ、ダニ  部屋にも油断していると大量に発生することもある。彼らは、高層階に住んでいてもエレベーターに乗ってやってくるのだ。そして、私は日々虫と戦っている。半分趣味だw 今回私は見事に小バエの脅威からの完全解放を達成したので、その秘密の方法をブログ読者だけに話そうと思う。小バエ・・マジ...


[[最新]] コロナ第2波に備えろ!非接触・飛沫防御・消毒グッズまとめ 23選

日本では、だいぶ収束ムードが漂っている。しかし、その間にも世界では収束どころか感染拡大が続き北京では第2波が始まっているようだ。世界のいくつかの研究では、メジャーな感染ルートは接触感染が多いという結果が出ている。マスクで飛沫の拡散を防止することで感染拡大を防ぐ効果はあるが、特に手による接触感染感染に注意を払うべきだ。なぜならば手にコロナが付けば、目や鼻をかいたりすれば粘膜からウイルスが感染する恐れ...

訪タイする初心者日本人が高確率でもってる定番便利アイテムとは

タイに来て困るのはどういうときでしょう。やっぱり言葉が通じないというのは、かなり困ります。それなりのホテルなどではそれなりに英語も通じる物のローカルエリアなどに行くと全く通じないときもある。英語が出来れば簡単な言葉なら通じる場合もあるがあまり期待しない方がいい。タイは東南アジアではそんなに英語がうまいほうではない。日本人が高確率でもっているアイテムぶっちゃけ、日本人の間ですでにかなりの定番になった...


 読まれている記事ランク 


コメント0件

コメントはまだありません